SDGsな空間

古材や廃材で空間をつくる時に、全てを古材や廃材でつくればいいわけではありません。既存の空間に新しい素材を使用しアクセントとして古材や廃材を使用する。そうすることにより自然と目がいく部分になります。その一面からは押し付けではないSDGsを感じることができます。なんでもかんでも環境を盾に語り続けるより、当たり前になることが求められていると僕は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA